【divinity original sin Enhanced Edition】PS4版 感想

Divinity : Original Sin – Enhanced Edition(ps4版)をクリアしたので感想を。

Divinity Original Sin の感想を一言で

「楽しい!本当は周回したいけどもう二度とやりたくない惜しすぎるゲーム」

最終的なパーティとそれぞれの役割

最終的なパーティは主人公のロデリックとスカーレット、仲間キャラクターはマドラとベアドール。

それぞれの役割は
ロデリック—悪党スキル所持、解錠、スリ、幸運つきの装備を沢山身に着けて、宝箱を開ける係。戦闘では主に爆弾を投げる係。
スカーレット—鍛冶、制作係。勺杖二刀流で属性ダメージソース係。
ベアドール—弓装備、特殊矢で属性攻撃係。
マドラ—両手武器で高火力アタッカー。

おすすめスキル

おすすめスキルは「射手」の「アロースプレー」。
前方45度の範囲に16本の矢を放つ技で、普通に使用するとなんてことない威力だが、敵に接近して使用することでとんでもない威力になる。難易度にもよるが、ボスクラスの敵でさえ近づいて全弾命中させれば倒せるか瀕死の状態にまでもっていける。

欠点は移動速度とインベントリ管理とクラフト

移動速度の遅さはかなり気になるレベル。せめて移動速度が選択できればよかった。おそらく移動速度を速くするとフィールド上にある罠に引っかかってしまうためだと想像できるが、何度も同じ道を通るのに移動速度が速くできないのにはかなりストレスが溜まった。

インベントリ管理とクラフトが複雑なのも良くないポイント。アイテムや装備が沢山手に入る後半は重量制限も相まってインベントリ管理が得に大変だった。クラフトについても対応するクラフトスキルを持っているキャラクターでのみクラフト可能なので、いちいちアイテムをそのキャラに移動しなければならず非常に不便だった。

クリア時トロフィー「グランドフィナーレ」から解ること

クリア時に自動的にトロフィー「グランドフィナーレ」が取得できるのだが、5%しか取得されていない。これはクリア率5%ということだが、この数字を見てもこのゲームがいかに人を選ぶゲームかということがわかる。

クエストについて

解決の方法がいくつもあり非常に自由度が高い。自分の意図した解決方法にならない場合もあるが、解決できればそれはそれで良し。

経験値について

経験値は、場所を発見したとき、戦闘、クエストを進めたりクリアすることでもらえる。
戦闘が起きる場所は決まっており、ゲーム全体の戦闘の場所と内容がすべて決まっているため雑魚敵を倒してレベルを上げるというようなことはできない。

必然的に経験値をもらえるクエストはレベルを上げるためにはやらなければならなかった。
幸いクエストの内容が非常に面白く、退屈することなく楽しめたのはよかった。

総評

総評としては、地形や環境を生かした戦闘やクエストは非常に面白いし、次回は違う解決法を試してみたいとは思うものの、欠点である移動速度の遅さやインベントリ管理、クラフト回りなどが煩雑でリプレイ性はかなり低いと思われる。はまる人は、はまるけど。私は1週やったらお腹いっぱいになりました。