【Dishonored】Steam版 日本語化

Steam版「Dishonored」の日本語化の方法を解説していきます。

「Dishonored」の世界を満喫するために日本語化することをオススメします!

スポンサーリンク

「Dishonored」をインストールをする

Steamを起動し「Dishonored」をインストールします。

日本語化ファイルをダウンロード

上記の場所から「dishonored_jpn.rar」をダウンロードする。

「rar」のファイルは「7-Zip」で解凍できます。

7zipを持っていない人は以下の記事に詳しく書いてあるので参考にしてみてください。

【7-zip】ダウンロードと使い方

「dishonored_jpn.rar」を解凍する

「dishonored_jpn.rar」を右クリック。

「7-Zip」 > 展開… をクリックします。

無事、解凍できました。

日本語化する

解凍した「dishonored_jpn」フォルダの中にある「Dishonored 日本語化.vbs」を実行します。

Dishonoredのインストールフォルダを指定します。

インストールフォルダが分からない場合

Steamの「Dishonored」を右クリックして、「プロパティ」を開き「ローカルファイル」の「ローカルファイルを閲覧…」でオリジナルファイルがあるフォルダが開きます。

変換が終了するまでしばし待ちます。

ゲームを起動して日本語になっていれば完了です。

お疲れ様でした。

「Dishonored」日本語化のススメ

Dishonoredの英語は難しいので日本語化は必須だと思うのですが、独特の世界観とテキスト・会話などを隅々まで味わうためにも是非日本語化をおすすめします!

Dishonoredの発売元は「Fallout・TESシリーズ」で有名な「ベセスダ・ソフトワークス」ですが、ベセスダゲーって読み物が充実してるものが多いですよね。

開発元の「Arkane Studios」つながりで言えば、「Prey」もテキスト多めで面白かったです。

そういった読み物とかで物語の背景を理解したり、人物の側面を知るのをゲームの楽しみにしたりします。

あと、アイテムの種類も豊富で探索が楽しいのもベセスダゲーの魅力ですね。

FalloutもTESも探索めちゃくちゃ面白いですよ。

「Dishonored 2」は日本語有ります!

続編の「Dishonoredd 2」は「Dishonored」の15年後の世界です。

「2」は、元々日本語が入っているのでDishonoredでハマッた人はこちらもプレイしてみてはいかがでしょうか?